農業IoT装置の開発~SIMにて温度湿度気圧データを送信~

ライカーズアカデミア内、ガチ開発大人組のはまこです。

本日の開発メンバー

  1. さつまいも農家
  2. 塾講師
  3. 主婦
  4. ガソスタ店長(顔出しのみ)
  5. サラリーマン(ピンポイントアドバイス)

でお送りいたします。

昨日いきなり話を振られ、今日いきなり手持ち品を持ち寄って集まり、今日いきなり完成させるという強行スケジュール。
そう。
老い先短い大人組の時間の使い方はガチです。

本日のミッションは、農業データをSIMで収集したいというもの。

なんでSIM?


Bluetoothは通信距離が短い、Wi-Fiは契約料が高い。
その点SIMは初期費用はかかりますが、通信費の安さからIoT機器に向いています。
(もちろん、もともとWi-Fi環境があるところであれば、Wi-Fiが一番安上がりです。)

SIM選定はどうすればよい?


現在、さくっと使えるSIM通信モジュールの選択肢は、ソラコムか、SAKURAIOとなります。

ソラコム


モジュール:¥25,920
月額:¥1,200

SAKURAIO


モジュール:¥8,000
月額:¥60

というわけで、SAKURAIO一択です。

使用品

sakura.io さくらの通信モジュール(LTE)

新品価格
¥8,640から
(2018/7/20 16:48時点)

【永久保証付き】Arduino Uno

新品価格
¥3,239から
(2018/7/20 16:50時点)

sakura.io シールド for Arduino

新品価格
¥4,450から
(2018/7/20 16:51時点)

HiLetgo・ BME280 温度 センサー 湿度 センサー 気圧 センサー Arduino センサー 大気圧センサ 温湿度センサー ブレイクアウト Arduinoに対応 [並行輸入品]

新品価格
¥980から
(2018/7/20 16:55時点)

ELEGOO 50 PCS オスメスジャンパーワイヤ200mm (無料 170 タイポイント ブレッドボード)

新品価格
¥700から
(2018/7/20 16:59時点)

Awinner USB 2.0 ケーブル ABタイプ USB A オスto B オス Brother OKI Ricoh HP Canon Panasonic Epson lenovo Samsung等に対応 480Mbps 金メッキコネクタ (1M)

新品価格
¥599から
(2018/7/20 17:22時点)

開発手順

SakuraIOを動かす

こちら、井上研一事務所さんのブログが一番わかりやすかったので参考にしてください。

まずはSAKURA IO、SAKURA IO シールド、Arduino UNOを組み立て、USBケーブルでPCに繋ぎます。
(温湿度センサーはここではまだ接続しなくて大丈夫です。)

SAKURA IO シールドのジャンパをお忘れなく。
SDAとSCLのところに必要です。

続いて、Webサイト、sakura.ioに行き、会員登録や支払い設定、プロジェクト設定を行います。

また、まだArduino開発環境がない人はArduino IDEをインストールしてください。

その後、SAKURAIOのライブラリをインストールします。
スケッチ→ライブラリをインクルード→ライブラリを管理
で出てくる画面で、「Sakura」を検索すると該当ライブラリが出てくるので、最新版をインストールしてください。

通信テストを行います。

Webサイトsakura.ioにログインして、
詳細→連携サービス→設定
で通信ログを見ることができる画面が開けます。

Arduino IDEでは、
ファイル→スケッチ例→SakuraIO→Standard
を選択して書き込みます。

一応Standardのソースをこちらに保存しておきます。

Webサイトsakura.ioで下記のように表示されればSakuraIOの準備は成功です。

時々SakuraIOがオフラインなままなことがありますが、通電させてから、シールドに実装されたLEDが
3回点滅→2回点滅→1回点滅
となるのを待てば、その後オンラインになっています。

センサーを動かす

今回私は、さつまいも農家さんが持っていた(何故)温度、湿度、気圧まで測れるモジュールをお借りして実験しました。
AE-BME280というもので、お借りしたのは秋月電子さんが製造しているものです。
(秋月製は、J1~J3のジャンパを全てはんだ付けしてください)

前の方でリンクを貼った製品とはピンの並び順が異なりますが、下記のように接続していただければ大丈夫です。

AE-BME280 Arduino Uno
VDD 3.3V(左下ソケット左から4番目)
GND、SDO GND(左下ソケット左から6番目)
SCK SCL(左上ソケット左から1番目)
SDI SDA(左上ソケット左から2番目)

CSBはオープンです。

モジュールは異なりますが、下記リンクも参考にしてみてください。

上記リンクに記載されているソースです。

こちらを書き込んで、シリアルモニターに温度、湿度、気圧情報が出てくればセンサーの接続はOKです。

センサーのデータを送信する

2つのソースをなんとなくマージさせます。

チャンネル0,1,2にそれぞれ、気温、気圧、湿度が表示されています。

これでサーバーに必要な情報を送信することができました!

あとは、外部表示用にAPIこねこねする感じでしょうか。
それはまたいつか。

開発全景です↓

新拠点

全然関係ありませんが、酒折駅のそばに我々のものづくり拠点ができます。
ブレファルもエレパもメンバーが増えてまいりまして、場所が足りないということで遂に新拠点です!

今日はそこの見学です。
いやぁ、DIYし甲斐がありますね。

三相電源来てるのが気に入ったよね!
いや、結構あるんですよ、三相電源からの開発依頼。

学生開発チームの今

またまた関係ないですけど、学生の開発チーム、ブレイブファルコンも頑張ってます。
桃農家さんの為の、桃選別装置「モモピカ」開発中です。

徹夜コースだそうです。
がんばれがんばれー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です